光触媒Q&A Question

光触媒室内施工 Q & A

Q:酸化チタン光触媒は人体・ペット等に悪影響は出ないのですか?

A:
二酸化チタンは以前から、白色顔料・化粧品・食品添加物等に使用されている素材で、人体にも安全な材料です。
二酸化チタン光触媒の酸化力はオゾン(O3)よりさらに強力で悪臭物質や有害物質を分解します。
また内壁・天井に塗装した酸化チタンの表面のみで反応が進行するのでオゾンのように人体に影響がなく安全です。
更に、活性炭の様に臭いを吸着させるだけでなく、有害物質や悪臭物質、細菌等を酸化チタン光触媒で分解しますので、飽和することはなく効果を継続して発揮し続けます。


Q:一度、室内光触媒施工をすると、何年ぐらい消臭・除菌等の効果は続くのですか?

A:
屋外に比べて、室内環境は塗装塗膜を劣化させる要因(紫外線、酸性雨、排気ガス、他)が少ない為、下地の内壁材・クロスが剥がれない以上、その上に光触媒塗料は存在し続けます。
光触媒塗料がそこにある限り、光を利用してその性能を発揮し続けます。もし、人為的に塗装の一部分が剥がされたとしても、その他の大部分の塗装が残っていますので、効果に影響は殆ど出ません。


Q:室内の光量(紫外線量)は少ないと思いますが、それで光触媒効果はでるのですか?

A:
そこが光触媒室内塗料「ルミチタンNAG」の大きな特徴です!
光触媒製品は、塗料〜光触媒造花まで多種多用にありますが、その性能検査は250〜1000μW/?の紫外線量を照射してデーターを出しているのがほとんどです。室内のそんな光量は有りません。
酸化チタン光触媒が必要とする紫外線量は、普通の蛍光灯の1m下で、2〜3μW/cm2しかありません。 「ルミチタンNAG」は、2μW/cm2の光量で光触媒性能を発揮する画期的な塗料です。これが他社製品との大きな違いです。


Q:何処にでも塗装することが出来ますか?

A:
光触媒室内塗料「ルミチタンNAG」の塗装後はセミクリアな塗膜になります。
一般的な白系・アイボリー系の内壁、クロス、天井材では全くその意匠性を損ないませんが、濃色系の下地では、若干白く膜を張った様な仕上がりになります。その際は、マスキングして塗装は避ける様にします。


Q:塗料を購入して、素人でも塗装することが出来ますか?

A:
一般的なペンキ塗りの様に刷毛・ローラーでの塗装は出来ません。
スプレーガン塗装機(低圧)で塗布しますので、専門家に依頼した方がいいです。


Q:室内の光触媒塗装工事費用はどのくらいですか?

A:
塗料代、工事費等を含めて、3,600円/1m2ぐらいです。
但し、施工面積が100m2以下の場合は割増料金になります。その他に、諸経費・交通費が追加になります。又、天井が高くて工事設備が必要な場合は別途追加料金が発生する場合もあります。
内壁、クロス等が汚れている・剥がれていてる等の補修工事費は含まれていません。

go to pagetop


光触媒についてルミチタンNAGの特徴ルミチタンNAGの性能製品紹介施工実績光触媒施工風景光触媒施工費は光触媒Q&A
会社概要・挨拶ネットショップお問い合わせサイトマップHOME

株式会社 ササミック

〒558-0053 大阪市住吉区帝塚山中1-2-21 201号  電話:06-6569-9171  FAX:06-6569-9172

Copylight(c)2014 SASAMIC CO.,LTD. All Right Reserved.